FANDOM


テンプレート:公式な方針 テンプレート:Amendment

3リヴァート・ルール(英語three-revert rule(略称 3RR))とは、前後する編集(2つの版の間で動き、見解が共通しない編集のことです)の許容回数に対する制限として意図されています。状況によって、3回の差し戻し制限が以下の手順のいずれかに終わるかもしれません。

3RRと編集合戦 編集

この場合、3リヴァート・ルールが編集合戦を防ぐのに適しています。もし1人かそれ以上の編集者の記事の差し戻しや変更の再適用が3回以上なされたら、編集合戦が布告され、アドミニストレータはそのページを編集から24時間にわたって保護し、双方がトークページでそれぞれの見解を論ずるのにまかせるでしょう。

そのとき、決議のページがc:campaigns:Campaigns Wikia:Edit war/Resolutionsというサブページとして作られるでしょう。合意の投票がそのあと最低でも5日間以上行われ、問題となっている編集者は議論を作り、第3者の編集者は賛成したり反対したり解決策を提案したります。いったん投票が締め切られると、その結果はその問題に関する決定であると考えられなければなりません。しかし、もし新しい証拠が(特にキャンペーン・ウィキアの方針において適切な変更で)提出されたのなら、議論を再開し再投票を行うための請願が通るかもしれません。

もし決議の投票の結果が個人によって無視され、その変更がリヴァートされざるを得ないのなら、その個人は3日間締め出されるでしょう。もしその個人がその投票に参加していなくて、議決の無視を主張することができるのならばですが、最初の復帰とともにその投票を知らせなければなりません。しかし、もしその変更が、合意を無視して3度差し戻されたのなら3日間の追放が適用されます。さらなる版の復帰は永久のブロックに終わるでしょう。ウィキアのスタッフにはこの規則の使用を通じてブロックされたあらゆるアカウントを元に戻す力と権限を持っています。

3RRとヴァンダリズム 編集

ヴァンダリズムはキャンペーン・ウィキアにおいて許されないでしょう。もしある編集が3度差し戻されたのなら、問題になっている利用者は3日間ブロックされるでしょう。もし、そのブロックが終了したあと、その利用者がまた3度の版の復帰を犯したのなら、その利用者は永久的にブロックされるでしょう

関連項目編集



すべての社会はことがスムーズに進むようにルールを作ります。キャンペーン・ウィキアもまた例外ではありません。ぜひみなさんと協力して、多様性と意見の違いを許してください。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki